・本校の特色

 音戸大橋,音戸の瀬戸を望む,たいへん景色のよい学校です。全日制の普通科と定時制の普通科が併設されていましたが,定時制部は平成15年度卒業生の卒業をもって閉校となりました。

 教育活動の一環として,音戸町の祭りである清盛祭り(平成24年4月22日(日)実施)への参加,地域清掃など,地域に密着した活動をしています。

校 訓  行う(まず実践) 考える(考察・反省) これを日々年々積み重ねる(一貫教育)

 平成27年4月6日現在,生徒数は1年生(2クラス)56名,2年生(2クラス)44名, 3年生(2クラス)57名の合計157名です。教職員数は総勢30名で, 一人一人の生徒に対してきめ細かい指導を日々行っています。


・沿革

  
昭和15年   広島県安芸郡音戸町立音戸実科女学校設立
 
昭和19年 広島県立安芸郡音戸町立音戸高等女学校設立
 
昭和23年 広島県安芸郡音戸町音戸高等学校設立
定時制設置
県移管により広島県音戸高等学校と改称
 
昭和24年 高等学校再編成により広島県音戸高等学校設立
田中日義校長就任
開講記念式を挙行
 
昭和27年 倉橋西分校設立
 
昭和28年 松永東寿校長就任
倉橋東分校設立
 
昭和31年 倉橋東西両分校統合
倉橋分校設立
 
昭和32年 川崎勝幸校長就任
 
昭和37年 井山勝校長就任
 
昭和40年 木村光徳校長就任
 
昭和45年 太刀掛重男校長就任
 
昭和47年 倉橋分校移転式
 
昭和48年 茶村又一校長就任
 
昭和50年 広島県立音戸高等学校倉橋分校独立
(広島県立倉橋高等学校となる)
 
昭和51年 能島正美校長就任
 
昭和54年 西本景明校長就任
 
昭和58年 山根政幸校長就任
 
昭和60年 大田富造校長就任
 
昭和62年 松本豊尊校長就任
 
平成 3年 末廣正明校長就任
 
平成 6年 畝 博司校長就任
 
平成 9年 城連英夫校長就任
 
平成10年 創立50周年記念式典実施
 
平成11年 小田原幹男校長就任
 
平成13年 加藤哲也校長就任

平成15年 石田俊夫校長就任

平成16年 定時制閉課程

平成17年 新体育館完成

平成17年 沖井 遵文校長就任

平成19年   加藤 雅春校長就任

   
平成20年   創立60周年記念式典実施

 
平成22年 藤田 芳文校長就任

 
平成23年 流田  靖校長就任

 
平成25年 山田 剛司校長就任

 
平成26年 新校舎(本館)完成 新校舎落成式実施

 
平成27年 栗田 正弘校長就任


Topへ